〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇/フラックスシードオイル
今すぐ購入

栄養機能食品<n-3系脂肪酸>

ニュージーランド産
コールドプレスフラックスシードオイルで
あなたの美容と健康をサポートします。

フラックスシードオイル−亜麻仁油−
について

IMAGE MAPn-3、n-6およびn-9系の必須脂肪酸を含有するアマ二油は、とりわけ植物性のn-3系脂肪酸の最も豊富な天然の供給源とされています。
ニュージーランド南島にあるカンタベリー平野は、その肥沃な土壌と恵まれた日照条件が相まって、世界的にみても最高レベルのn-3系脂肪酸を含有する亜麻仁(アマニ)が収穫される地域であることが知られています。
さらに、ニュージーランド産アマニは唯一GMOフリー(遺伝子組み換えではない)を保証できるアマニであることも、他に比べて常に有利な位置にあるもう一つの理由です。

他に類を見ないバイオ オイルズ社製
フラックスシードオイル

ナチュラリーフラックスシードオイルには、カンタベリー平野の中心部アシュバートンに拠点を置くニュージーランド最大のコールドプレス フラックスシードオイルのメーカーであるバイオ オイルズ社(Bio Oils Ashburton Limited)の製品が使われています。
高品質のアマニのみを管理の行き届いたコールドプレス製法で搾油した後、品質を最良の状態に保持するために、遠心分離機を使用せず時間をかけた自然な製法で処理し、丁寧に作り上げています。
ナチュラリー<sub>™</sub>フラックスシードオイル カプセル

ナチュラリーフラックスシードオイルのカプセルの美しい黄金色はまさにその証しです!

必須脂肪酸について

私たちの生命活動に欠かすことのできない必須脂肪酸には、α-リノレン酸に代表されるn-3系とリノール酸に代表されるn-6系の二種類の多価不飽和脂肪酸(PUFA)があります。飽和脂肪酸と異なり、これらの必須脂肪酸は体内で合成できないため、食事などから常に摂取しなければなりません。
しかしながら、n-6系脂肪酸は一般的な植物油に相対的に多く含まれており[表1]、厚生労働省の平成26年国民健康・栄養調査の結果では、日本人の食事摂取基準(2015年版)における一日目安量(30~49歳 男性10g、同 女性8g)にすでに届いており(30~39歳平均値 男性11.03g、同 女性8.98g)、むしろ取り過ぎが懸念されています。
表1. 各種植物油中の脂肪酸組成比較
n-3 PUFA n-6 PUFA 飽和脂肪酸
亜麻仁油 60% 14% 9%
大豆油 8% 54% 15%
胡麻油 1% 43% 15%
菜種油 11% 21% 7%
オリーブ油 1% 9% 15%

バイオ オイルズ社資料「NZ産コールドプレス フラックスシードオイル」より引用改変

n-3 PUFA−鍵となる必須脂肪酸

女性イメージ食用調理油由来のα-リノレン酸、魚由来のEPA・DHAのようなn-3系脂肪酸は、欠乏症による皮膚炎や生活習慣病の予防に重要であることが日本人の食事摂取基準(2015年版)で述べられています。また、n-3 PUFAは現代の私たちの食事におけるn-6 PUFAの取り過ぎを解決する一助にもなってくれます。食用植物油は減らしたい飽和脂肪酸の割合が低いものが多いですが、n-6 PUFAがn-3 PUFAを上回る場合がほとんどです[表1]。脂肪酸組成には注意しましょう!

n-3系脂肪酸は、皮膚の健康維持を助ける栄養素です。

ナチュラリー<sub>™</sub>フラックスシードオイル【30日分 目安】/栄養機能食品<n-3系脂肪酸>/1日摂取目安量-4粒/摂取方法-目安量を守り、水などと一緒にお召し上がりください。/アレルギー物質-ゼラチン/合成着色料・香料、保存料-すべて無添加

詳細情報

フラックスシードオイル

名称 亜麻仁油含有食品
原材料名 食用亜麻仁油(未精製)、ゼラチン/グリセリン、酸化防止剤(ビタミンE)
内容量 62.4g(1粒重量520mg×120粒)
保存方法 直射日光と高温・多湿の場所を避けて保存してください。

栄養成分表示/1日4粒(2,080mg)あたり

エネルギー:14.8kcal、たんぱく質:0.53g、脂質:1.36g(n-3系脂肪酸0.69g(34%)※注)、炭水化物:0.10g、食塩相当量:0.001g

※( )内の数値は栄養素等表示基準値に占める割合です。

摂取上の注意

●本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進したりするものではありません。●1日の摂取目安量を守ってください。●本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。●原材料をご参照の上、食品アレルギーのある方は摂取しないでください。●医薬品を服用中、通院中または妊娠・授乳中の方は医師または薬剤師にご相談ください。●体調に異変を感じた場合は摂取を中止し、医師にご相談ください。●乳幼児の手の届かないところに置いてください。●丁寧かつ衛生的にお取扱いください。●開封後はなるべく早くお召し上がりください。

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事バランスを。

日本製